発達障害者の私が在宅勤務をする時の仕事環境②(After)

発達障害者の私が在宅勤務をする時の仕事環境②(After)
Pocket

こんにちは。

 

前回の記事の 発達障害者の私が在宅勤務をする時の仕事環境①(Before)では、在宅勤務を始めてからの仕事環境を説明をしたものです。

 

今回は、前回の記事と大きく変わった、私の部屋の模様替えの様子と、「結果的に仕事にどう影響したのか?」という事を説明致しますので、ご参考にして頂けますと幸いです。

Advertisement

発達障害者が在宅勤務をする上での仕事環境②(After)

前回と今回の部屋の違い

 

・・・・・・カーテンをつけてみました。。

いかがでしょう?

色々な友人に写真を見てもらった結果、「カーテンがデロ~ンとしてる」とか言われました。(笑)

まぁ、その通りです。

予想よりも長すぎたのです。

 

まぁ、余談はさておき、これで予想される効果は、余計な空間(ベッド等)に邪魔されず、作業に集中できるという事ですね。

これは、支援者の方のアドバイスを聞き、私も納得したうえで、カーテンを設置しました。

 

では、次はカーテンの内側です。

 

肝心な作業スペースの中身はどうなっているか?

これが、作業スペースの内観です。。

いい感じに見えますか??

 

予想される効果は、先程と同じ通り、「余計な物(ベッド)等に邪魔されず、仕事に集中できる」でしたが、

この状態で作業を2日してみて、効果が分かりましたので、次章にて報告させて頂きます。

 

カーテンを付けた事による、実際の作業での効果

この画像を見てみて、「アレ??」と思う方もいらっしゃると思いますが、「集中できて、作業がはかどる」はずが、逆効果だったのです。

 

なんで、逆効果かと言いますと、実は、ワタクシ、狭いところが苦手なのをすっかり忘れていました。

恐怖症まではいかずとも、少しだけ苦手な程度です。

 

そして、もう一つ、前章での写真を見て頂けるとお分かりになるかと思いますが、「照明の光が殆ど入ってこない」のです。

 

「いや、でも明るいよね?」って、思った方。

これは、窓からの太陽光です。

 

私の業務時間は10時~14時の4時間、明るいうちだからいいでしょ?と、思うでしょ?

違うんです。

 

実は、以下の事がありました。。

 

 

・・・・眠くなって、居眠りしました。。orz

 

友人に眠くなった。。と話すと、「居眠りか。余裕だな。」と話されましたね。

 

「こっちは、好きで寝てるわけではないわい!」

と、言いましたが。。

 

あなたが、もし、在宅勤務をする事を考えているのであれば、模様替えの仕方は考えましょう。

 

以上です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

Pocket

在宅勤務カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!