発達障害者が転職後に他の会社で適応障害になってしまう現象についてと転職で失敗しない方法

発達障害者が転職後に他の会社で適応障害になってしまう現象についてと転職で失敗しない方法
Pocket

こんにちは。

 

私も実際に体験しているのですが、発達障害が診断されて、1社目の会社では上手く仕事ができたものの、2社目以降の転職先で仕事が上手くいかず、2次障害が発生したり、適応障害になる事があるそうです。

 

私のケースですと、新卒で入った会社の事務職で約5年間勤めた後、パソコンのスキルとして、Excelが得意だったからと、転職先も事務職にしました。因みに、新卒で入った会社の系列会社です。

 

が、業務内容が全く違いました(当たり前)が、スキルに自信があった為、なんとか乗り越えられるだろうと考えていました。

 

しかし、会社側は障害者雇用にも関わらず、障害の理解が無かった為か、私の聴覚過敏の症状に影響する仕事ばかり任され、最終的には、「上司との人間関係」と「体調不良」によって退職する事になりました。

 

その後も事務の仕事を選びましたが、全く上手くいかず、原因が最近になって分かりましたので、この記事でシェアします。

Advertisement

発達障害者が転職後に他の企業での業務で適応障害等になる原因について

1社目で仕事が上手くいったと考えられる要因

 

1社目(新卒で入った企業)では、仕事が上手くいき、評価もされていたのに、何で転職後は仕事も人間関係も上手くいかないんだろう??

と感じた事はありませんか?

 

この問題に関しては、新卒で入社した企業では、上司も他の先輩社員の方も、あなたが社会人経験が乏しいという事で少し問題があっても、大目に見てくれるからだと思います。

 

そして、障害者雇用で入社したという事は会社側が「この人はこんな障害を持っていて、こんな特徴があるんだな。」という事を配慮して下さるという事もあります。

 

上記の2点の事の配慮があって、最初は仕事がやりやすく感じるのでしょう。そして、あなたはその会社での環境(職場環境や人間関係)に慣れていき、会社で業績を出していき、上司や先輩社員の方から、評価を得る事になる事と思います。

 

勤続年数が増えていって、従業員の入れ替えがあっても、会社での特有の文化や社風は変わりはない為、上司が変わらなければ、大抵の場合は上手くいきます。

*上司が変わる場合、次の上司にあなたの障害の内容や症状、あなたのスキル等を伝えてくれる事があるからです。

 

転職後、同じ職種でも上手く仕事ができるといった自信やプライド

そして、何らかの理由(会社都合等)で、その新卒で入社した会社を退職した後、あなたは次のように思うと思います。

 

「私は、前職でも〇〇の仕事で上司や先輩社員から、良い評価を受けていたし、他の企業でも上手くいく自信がある」

「私は○年間、この業務でOfficeソフトを使用している為、スキル面では問題は無い。」

「前職でも、対人関係は上手くいっていたし、他の企業でも上手くいくだろう」

 

という、自分に対しての自信とプライドがあるでしょう。

しかし、この自信とプライドが適応障害や2次障害を招く罠だったのです。

私はその経験者です。

今までの転職で関わってきた、会社の人は悪くはありません。

 

転職先の会社に入社するという事はイチからのスタート

 

あなたもご存知と思いますが、前職を退職した後はコネで就職しない限り、人間関係も仕事もイチからのスタートとなります。

ここでは、コネで転職するというケースは稀なので、普通の転職した場合の事を想定して、説明致します。

 

人間関係も仕事もイチからのスタートという事は、他の先輩社員も上司も、あなたが前職でどのような仕事をしてきて、どんな評価を受けてきたというのが、想像しにくいのです。仕事でのレベルやビジネスマナーも。

確かに、職務経歴書で業務内容や実績等を書いていても、他の企業ですし。

 

また、対人関係に関して、前職で自信がついたといっても、転職先にはどのような人がいるかわかりません。

今まで上手くいったという方法で話すと、悪い印象を持たれるというケースもあります。

これは、あなたを脅すつもりは一切ありません。そこはご理解頂きたいです。

 

そして、肝心な障害の配慮ですが、「発達障害」自体が世間一般的にあまり認知されていない事もあり、転職先によっては配慮が難しい場合があります。

 

もしも、自分で説明できるのであれば、可能な範囲で、合理的配慮を求める事をお勧めします。

厳しければ、支援者の方や就労移行支援事業所の方にお願いして、説明するのを手伝って頂くのが良いでしょう。

 

会社によって、社内の文化・社風・人間関係は違う事とそれに適応できるか?

当たり前だと思いますが、世の中には様々な企業があり、それぞれ、社風・社内の文化・人間関係は違います。

 

前職と転職先の業務が似ている、同じようなものだからといっても、上記の通り、社風・社内の文化・社内の人間関係が自分と合わなければ、上手く仕事をするのは難しいと感じるでしょうし、問題はそれらに適応できるかです。障害の配慮も含めて。

 

当然、適応できずに仕事を続けていれば、パニックになったり、無いと思いたいですが、嫌がらせを受けたりして、ストレスがたまってしまい、体調にも変化が出る事は珍しくありません。

 

また、発達障害の特徴として、「環境の変化に慣れづらい」というものがあります。それも原因かと思います。

仕事をする上での環境には様々なものがあり、単に、職場の設備や対人関係だけではありません。それを含めて、下記の要素があります。

 

・通勤での環境(電車等での通勤時間が自分にとって負担が無いか?)

・職場の設備の環境(職場が広いか、狭いか?等)

・職場の人間関係(あなたにとって苦手な人はいないか?)

・業務内容(仕事はしっかりマニュアル化されているか?もしく、自分でメモを作り、マニュアルを作れるか)

・上司や先輩社員との関係(業務や業務以外の事について、相談にのってもらえるか?)

 

等です。

 

仕事をする上での環境は非常に重要で、上記の他にもあるかもしれませんが、これらがあるのと無いのでは、差が激しすぎます。

Advertisement

これから転職をしようとしている方に対して転職での失敗を避ける方法の提案

発達障害者・精神障害者の就労は以下により、長続きするか、否かに関わってきます。

 

・社風や部署の雰囲気、人間関係によっては、ストレスを抱えやすくモチベーションが下がりやすい。特に上司や同じ部署の方との関係。→無理に続けると気持ちが落ち込んできたり、体調を崩す恐れがあります。

 

・職場自体が発達障害者の雇用実績があるか??→雇用実績があり、企業にその経験がある事で理解があり、配慮を頂ける可能性が高いです。

 

・職場見学・実習等の対応が可能か?→就職する前にその会社の中身や情報を知っておく事で自分が勤務したら・・という、予想が立てる事ができる。

 

・近場なら、ハローワークが良いが、ハローワークの求人は少ないし、いまいちだな・・。

ハローワークは企業が求人を無料で出せるから、発達障害者・精神障害者の雇用に積極的ではないんじゃない?

それにハローワークの求人って、給与が安すぎない?これでは、一人暮らしができない金額だし、将来が不安だな・・。

 

でも、今回の転職は失敗したくない!長く働きたい!

 

・・・・・でも、一人で転職活動をしていくのは、不安だな。適応障害になったり、2次障害を引き起こすような会社には勤めたくない。

誰かに話を聞いたり、相談してもらいながら、安心して、転職活動をしていきたい。有意義な転職活動をしたい。

 

希望の企業があった。しかし、入社してから配属された部署に、嫌な上司や嫌な同僚、先輩がいた。

そのような経験がある方は多いのではないでしょうか??

 

実は、、私も人間関係に疲れたり、仕事環境が合わず、適応障害や発達障害の聴覚過敏を悪化させてしまった経験があります。

 

私と同じような経験を持った方に対して、「オープンポジション」での就職・転職をおすすめ致します。

 

「オープンポジション」とは何か??

*オープンポジションとは、「あらかじめ配属先を定めずに選考を通じて配属先を決める」といった、就職活動の方法です。

ハローワーク求人のように、「最初から部署が決まっている状態」ではありません。

 

オープンポジションのメリットは以下です。

・1、経験に応じて、仕事を作って頂ける。

・2、一つの部署で受け入れが難しくても、他の部署でもご検討頂ける。

・3、障害の内容、症状に応じて、業務内容の調整が可能。

 

逆にデメリットをあげると、以下になります。

・1、ポジションが明確に決まっていない分、どこの部署も受け入れが難しく、「ポジションが無い」という理由でご縁がなかった事がある。

・2、ご希望の職種がある場合、ご希望と異なるポジションでの採用となる事がある。

 

一人ではなく、プロの就職アドバイザーと共にオープンポジションでの転職活動を進めたいのであればこちら。ネットに記載されていないような求人や大手企業も多数ご紹介。*求人の80%〜90%が非公開求人。

 

・こちらのサービスについて、転職カウンセリングを受ける必要がありますが、一対一の対面式かお電話のいずれかになっております。*地方にお住まいの方でも求人情報や就職・転職支援サービスを受ける事ができます。

 

・なお、対面式のカウンセリングは、本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス(大阪府大阪市)、中部オフィス(愛知県名古屋市)での実施となっております。

 

 

それでは、あなたの転職、就職活動が上手くいくことを願っています。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

Pocket

就職活動・転職活動カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!