発達障害者が障害者雇用の就職活動で上手くいかない理由とは?

発達障害者が障害者雇用の就職活動で上手くいかない理由とは?
Pocket

こんにちは。

 

発達障害をお持ちの方で就職活動が上手くいかない・・・。とお悩みの方は多いと思います。

 

この記事では、何故、就職活動がうまくいかないのか?について項目に分けて、説明していこうと思います。

Advertisement

就職活動が上手くいかない理由とは?

自己分析ができていない

ijmaki / Pixabay

就職活動において、自己分析は重要な事です。むしろ、これ無しでは就職活動が進みません。

・自分の障害の特徴や症状・苦手な事

・企業に配慮して頂きたい事

・自分の得意な作業・不得意な作業

等です。

詳しくは自己分析についての記事をご覧下さい。

 

因みに、これができていないで、やりたい仕事があるから等と求人に応募しても、書類選考や面接で落ちます。

自己分析は必ず、行って下さい。そして、それを続けて下さい。

この自己分析を続けていくうちに自分に合った仕事環境や仕事内容が分かってくるでしょう。

 

応募する求人の幅を狭めている。

kalhh / Pixabay

ここでは、自己分析をしている前提でお話します。

あなたは、求人を探すうえで、ハローワーク求人だけで探していませんか?

 

確かに、ハローワーク求人では地元での求人が多いですが、ネットで求人を探すという選択肢もあります。

 

ハローワーク求人だけですと、あなたができる仕事の幅が狭まったり、そもそもやりたい仕事や業界の求人で希望のところが無かったりします。

 

ハローワーク求人が悪いわけではありませんが、ハローワークだけで求人を出している企業は私の場合ですと、この企業で働きたいという求人は少ないです。

 

例えば、あなたがハローワークに行き、求人を見た時、以前に見た求人がまだ記載されていた。というご経験はお有りですか?

 

その場合、その求人は人の出入り(入社・退職)が激しく、人が足りていない場合や求める人材が応募していないという企業も含まれています。

 

という事で、私は就職活動を行う際はハローワークだけでなく、ネット経由で求人を探すという事も並行しています。

 

その方が、求人の選択肢や前述の自己分析の結果に基づいた情報の求人が見つかるかもしれません。

ネットで求人を探す際におすすめ情報の記事*別のタブが開きます。

応募書類の書き方が合っているか、分からない。

自己分析がある程度できた上で、自分に合った(自分ができそうな仕事の)求人を見つけた。

しかし、応募書類はどのように書けば良いか・・・?

今の時代は手書きで応募書類を書かなくても、パソコンを使い、ExcelやWordで応募書類を作成しても良いのです。

 

なので、上記の通り、パソコンで応募書類を作成する分には、「氏名や住所」、「学歴・職歴」等の項目は問題が無いかと思います。

なので、恐らく、あなたが心配しているというか、悩んでいる部分は「履歴書の志望動機」の部分ではないでしょうか?

 

志望動機の書き方に関しては、 履歴書の書き方のページをご覧下さい。

実は、私も就職活動の際、この「履歴書の応募理由」の書き方について、とても悩んでいました。

 

よく、ちまたでは「就職活動の応募理由」を書くのは、「恋愛で好きな人にラブレターを書くのと一緒だ」と言われた事があり、恋愛経験の乏しい、私にとっては意味が分からなかったのです。・・ここだけの話。

 

しかし、就労支援を受けたり、就職活動で場数を踏んで、就職活動の経験を積んでいくうちに応募理由の書き方を理解し、今までの就職活動では殆ど、書類選考で不採用になる事は無くなってきました。

これを信じるか?、信じないか?はあなた次第ですが・・。

 

次に職務経歴書についてもお悩みの方は、職務経歴書の効果的な書き方のページをご覧ください。

職務経歴書では、あなたが「履歴書で記載した企業で、どのような実績や仕事の工夫をしたか」を見られています。

 

上記のリンクのページをご覧頂く事で、職務経歴書の具体的な書き方がご理解頂けると思います。

是非、ご参考にしてみて下さい。

 

自己紹介カードの書き方

一般的に就職活動で「自己紹介カード」というものを使う方は少ないと、私は思います。

何故なら、その自己紹介カードは私が支援者から作成方法を教えて頂いたものだからです。

自己紹介カードの書き方についての記事はこちら

 

就職活動において「自己紹介カード」があるのと、無いのでは、大きく違ってきます。

「自己紹介カード」があれば、書類選考の段階から、面接の段階まで、書く内容によっては有利に就職活動を進める事ができるからです。

 

そこであなたは、「書類選考の段階なら、自己紹介カードが有利なのは分かるけど、面接で有利に働くのかな?」と思うかもしれません。

 

何故、面接まで有利に働くかと言いますと、多くの方が面接で企業の採用担当者の方とお会いする時に緊張してあがってしまいますよね?

 

その際、「自己紹介カード」があると、「自分自身の障害の症状を説明する事」がやりやすくなります。

リンクの記事に書いてあるように、自己紹介カードには「自分自身の障害内容」、「配慮頂きたい事」、「得意な事」、「苦手な事」等を書くので。*自己分析した事に沿って、書き込んで下さい。

 

その事で、企業の採用担当者の方に「自己紹介カード」を見せるだけで、あなたの障害の事等を、あなたが細かく説明しなくても内容を理解して頂けるでしょう。

 

まとめ

今回は自己分析の大切さから、応募書類として、「履歴書」、「職務経歴書」、「自己紹介カード」の大切さや書き方等を説明致しました。

 

是非、この応募書類テンプレートをダウンロードして、ご利用頂けたら、と思います。

*使用方法はこの記事のリンクのページに全て記載しております。

 

 

 

Advertisement
Pocket

就職活動・転職活動カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!