発達障害者が就職活動をするうえで、資格は必要なのか?転職の場合も解説

発達障害者が就職活動をするうえで、資格は必要なのか?転職の場合も解説
Pocket

こんにちは。

 

今回は発達障害者が転職・就職活動をするうえで、重要なものについて、語っていきたいと思います。

重用なものについては、 自己分析が重要です。「自分は何ができて、どんなものが得意か?逆にどんなものが苦手なのか?」という事です。これは重要なので、可能であれば、繰り返し行って下さい。

面接では必ず、必要なものですので。

 

では、自己分析以外で必要なものはないのか?と言いますと、まだあります。事務等の仕事に就く場合はパソコンスキルは必須です。

例えば、事務業務に就きたい場合は、資格が必要だ。と言われていますが、実は、資格は必ずしも必要ではありません。

 

では何故、資格を取る事を重要視していないのか?という事を説明致します。

 

転職・就職活動で資格取得は重要なのか?

資格取得の意味

 

ここでは、事務職を例にしてあげています。事務職の種類には色々ありますが、(一般事務・経理事務等)

経理事務等の専門知識が必要な業務に関しては、資格はあった方がいいです。

 

もし、そのような業務に就きたい場合は求人情報をよく確認してみましょう。

「求人情報に経験や資格が必要」との記載があれば、資格はとっておいた方がよいでしょう。

「経験・資格不問」と書かれていれば、資格は特に気にする必要はありません。

ちなみに、パソコンの資格で代表的なものとして、MOS等があります。

私もMOSの模擬試験を受けた事がありますが、あれは、回答が合っていようと、順番通りに問題を解かなければ点数にならないのです。

 

 

では、採用されるのに、自己分析等の他に重要なことは何なのでしょうか。

次の章を見てみましょう。

 

必要なのはあなたのやる気と経験と会社に対する思い

 

採用されるのに、資格は求人情報に記載していない限り、必要は無いと、前章で記載しましたが、良い就職活動をするには、あなたが志望する会社に対する思い。

 

つまり、「私はこの会社でなければだめなんだ。この会社で働きたいんだ」という明確な志望理由が必要です。

実習や見学をして、担当者の方が親身に相談にのって下さった等と。その他にその会社の業務の「〜の部分が私にとって得意分野ですので、力になれると自負しています。」等と。

 

で、何故、資格よりも経験が重要かと言いますと、企業はあなたの仕事や職業訓練の経験でどんな実績や工夫をしたのか?それを仕事でどう活かす事ができるかを見ます。

 

実際に私も事務職の仕事経験が5年以上ありますが、私が所持している資格は「漢字検定3級」と「文書能力検定Word3級」のみです。

 

大した資格ではないはずです。

 

私は昔、IT企業の人事・総務部で5年間務めていましたが、次の転職活動での職務経歴書では私自身が行ってきた業務で工夫してきた事や実績(小さな事も)書いていました。

資格の欄も書きましたが、面接では資格について一切、言われなかったです。

 

就労移行支援事業所や就労継続A型で訓練をした方や働いていた方も同じで、自分自身の訓練内容や仕事内容で上手くいった事や工夫した事を書くことが大切です。

 

企業の採用担当者があなたの応募書類を見て、「うちの業務でこの方はやっていけるか、障害の配慮はできるか」を判断します。特に障害の配慮の部分は企業の方が一番知りたい部分であるので、応募の際や採用が決まった際はしっかりと伝えましょう。

 

活かせる経験・工夫は業務内容によって異なる(事務職→接客業を例にした場合)

 

もちろん、世の中には様々な会社や業務があり、それぞれ同じ経験が活かせるとは限りません。

 

例えば、私の場合ですと、今まで事務職の経験(アルバイト除く)しかなかったのに、急にスーパー等の販売の仕事に就くとなると、事務職でのパソコン経験を活かすのは難しくなります。

 

パソコンの訓練をしてきたが、仮にスーパーの商品の品出し等の業務をする事になった場合の事を含めます。

 

中には、売上表等をExcelで管理している会社もあるかもしれませんが、それ以外は接客系の経験が必要なはずです。

 

私事で申し訳ありませんが、上記の通り、私は転職するにあたって、事務職は職場環境的にも仕事内容的にも合わないと自分自身で実感したので、長く勤務できるように、スーパー等の品出しの業務をしたいと考えています。

一応、Excelのスキル(関数やVBA等)はありますので、それは付随として持っておくという形で。

 

しかし、上記の私の転職での希望を例にした場合、事務職の経験はあまり活かせないですよね?

その場合はどんな経験や工夫を採用担当者に伝えるかというと、例は以下になります。

 

人と話すのが得意な場合の例

 

例:私は初対面の方とでも、人見知りをする事がなく、分け隔てなく話す事ができる為、お客様に対する対応や他の従業員の方と連携して業務を行う事ができると自負しております。前職では、主にExcelを使用した事務をしており、マクロや数式を使用した自動化による、業務効率化をする事で売上や商品の在庫管理をPCで行う事で御社の業務に貢献できると思います。

 

※ただし、この場合の太線の部分は性格によるかと思いますので、人と話すのが苦手な場合は以下の例を見てみて下さい。

 

人と話すのが苦手な場合の例

 

例:私は職業訓練でピッキングや検品、品出しの訓練だけでなく、PCを使用したExcelの学習も行ってきました。特に品出しの訓練では、毎回、目標を決めて、正確性はもちろんの事、スピードを伸ばしていく訓練をしていました。Excelの学習では、主にデータ入力だけでなく、店舗の売上管理表を見れるようにとグラフや関数の学習をしていました。人と話すのはあまり得意な方ではありませんが、現在は就労移行支援事業所のグループディスカッション等の訓練で人と話す等の訓練をしてコミュニケーション力の向上を図っています。

※この太線の部分で人と話すのは苦手だが、工夫したり、努力をしている事を話します。

 

以上です。今日はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

Pocket

就職活動・転職活動カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!