構造化(障害者に対する、合理的な配慮)とは?【身体障害・精神障害・発達障害】別に説明

構造化(障害者に対する、合理的な配慮)とは?【身体障害・精神障害・発達障害】別に説明
Pocket

こんにちは。

 

障害者雇用において、障害者に対する、「合理的配慮」は欠かせません。

どんな障害がある方でも、「合理的な配慮」が無ければ、就職をしたとしても、仕事を続ける事が難しいです。

 

今回は障害者が仕事を続けていく上での合理的な配慮として、「構造化」という専門用語をお伝えしたいと思います

 

なお、「身体障害者」、「精神障害者」、「発達障害者」に対する、障害の配慮(構造化)について、どのようなものがあるかを順に説明させて頂きたいと思います。

Advertisement

各、障害者の合理的配慮(構造化)についての説明

そもそも、構造化とは何か?

klimkin / Pixabay

世の中には様々な障害を持った方がいらっしゃいます。

また、数えきれない程の症状があります。症状は同じ障害でも、人によって様々なのです。

 

どうすれば、日常生活で障害者の苦しさや辛さを軽減できるのか?

それの対策の事を「構造化」と呼ばれています。

 

身体障害者に対する障害の構造化とは、どのようなものがあるか?

truthseeker08 / Pixabay

身体障害者に対する、「構造化」とは、いわゆる、「手すり」や「車いす」等です。

身体障害は目に見える障害が殆どですので、企業や公的機関も配慮がしやすいです。

 

身体障害者にとっては主に移動の際の行動を助ける、「構造化」が代表的と言えるでしょう。

 

精神障害者に対する障害の構造化とは、どのようなものがあるか?

RyanMcGuire / Pixabay

次に精神障害者に対する「構造化」とは、「大きい音や声がする場所で仕事をするのを避ける」、「休憩時間をこまめに取る」、「通勤時間を遅らせる」等があげられるでしょう。

 

精神障害は、身体障害を持つ方と比べて、障害の内容や種類が分かりづらく、職場によっては、障害に対する偏見も少なくない為、「療養をして、復職後に半年以内で症状が再発し、会社を退職する」という方が多いのも、うなづけます。

また、上記の事は次章の「発達障害者」も同じことが言えます。

 

発達障害者に対する障害の構造化とは、どのようなものがあるか?

では、最後は、発達障害者に対する構造化の説明です。

この章の内容はこのブログに来て下さる方にとっては、興味がある内容かと思います。。

 

発達障害者は対人関係、人とのコミュニケーションが苦手と言われています。また、中には、知覚過敏として、「聴覚過敏」等の症状を持つ方もいらっしゃいます。

 

そんな中、発達障害者が仕事を上手く続けていくには、それ相応の工夫が必要です。

特に、通常の通勤での勤務の場合は。

 

前章の「精神障害者に対する、障害の構造化」で説明させて頂いた通り、「発達障害者でも対人関係でのトラウマになり、就職して半年以内に会社を退職してしまう事」や「引きこもり状態になってしまう事」が多いです。

 

ですので、「発達障害者に対しての障害の構造化」とは、人とコミュニケーションをできるだけ取らず、静かな場所での仕事をする事だと思います。

 

という事で、発達障害者には、在宅勤務が良いのではないか?と思い、下記では「在宅での副業をされる方」を募集しております。

以下のページでは、お金を稼ぐと同時にスキルを身に着ける事ができますので、やってみて損はないかと思います。

 

在宅副業の詳細ページ

 

 

Pocket

仕事編カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!