低所得者程、副業をする傾向あるという事実の理由とは?

低所得者程、副業をする傾向あるという事実の理由とは?
Pocket

こんにちは。

 

現代は悪い世の中ですね。

景気もそうですし、ブラック企業の問題、うつ病の患者が増える、税金の問題等です。

生活に支障が出る事ですからね・・。

もちろん、そのような事で不満を持っている方が大半ですが・・・。

 

今回のテーマは、

・どうして高所得者が副業に手を出さないのか?という理由

・低所得者程、副業に手を出そうとする人が多いのか?という理由

・何故、多くの方がお金を自ら稼ごうという事に抵抗を持つかという理由

について、述べていきます。

Advertisement

 

何故、低所得者程、副業をする傾向にあるのか?

高所得者が副業をやらない傾向にある理由とは?

3D_Maennchen / Pixabay

 

 

消費税の増税や今後の景気の悪化、景気の悪化に伴う、ブラック企業の増加等、生活に関わる事、つまり生きていくことに多少なりとも、支障が出るというのは、日本に住んでいる人なら誰しも同じです。それは平等なのですが、

 

その中で上記の条件に対して、多少、有利な人が存在します。それが、大企業等に勤めている高所得者です。

実は、収入が多い会社員程、副業をしようとはしません。

いつまで会社で働けるかわからないのにも関わらずです。

 

もしかしたら、何らかの病気になって働けなくなるかもしれないですし、そもそも、仕事が忙しいあまりに副業をしようとする事を考えていないというのもあるでしょう。

自分は収入が多いし、会社を退職させられる事は無いだろう。と考えているのかもしれません。

もしくは、会社の規約を忠実に守って副業をしないという事、副業をするという発想がないのかもしれません。

 

高収入である程、支出を抑えれば、多くの金額を貯蓄にまわす事ができます。

それで満足しているのもあるかもしれませんね。

 

低所得者や会社で仕事ができない人程、副業をする傾向にある理由とは?

geralt / Pixabay

 

しかし、低所得者、収入が少ない人や就職先がみつからない、会社で働くのが嫌だ!

という人はとにかく今後、生活していくのに必死な為、副業をしようとします。

 

先程申し上げた、消費税の増税、年金がもらえなくなる可能性がある事、景気の悪化による、給料の減少、ブラック企業の増加等、生活に支障が出る事にまつわる事がある事に低所得者はすごく敏感です。

 

非常に大きな金額のかかる副業以外の副業の手法を知っていたり、調べている人は世の中に不満があったり、今後の生活に不安がある為、すぐに始めるでしょう。

 

その、非常に大きな金額のかかる副業については詳しくは、次回の記事で申し上げますが、それらは金銭面だけでなく、様々なリスクを伴うので収入が多い人しかやろうとはしません。

 

多くの人がお金を自ら稼ぐ事に抵抗を持つかという理由とは?

geralt / Pixabay

多くの人は、自ら、お金を稼ぐことに対して、抵抗感を持っています。

何故なら、「お金を稼ぐ事」=「悪い事をしている」というイメージを持っているからです。

ほら、昔、よくテレビドラマ等で会社間等で賄賂をしているような事がうつしだされている事があったかと思います。

 

しかし、お金を自ら稼ぐという事は何も悪い事ではありません。

むしろ、良い事です。

何かしら、悩みを持っている方に対して、その悩みを解決させてあげる事で対価としてお金を頂くという事。

 

上記の内容では分かりづらいと思いますので、下記で簡単に説明させて頂きますね。

例えば、ダイエット方法に悩む人に対して、ダイエット方法やサプリメントを紹介して、悩みを持った人が見事にダイエットに成功したとしたら、その対価として、お金を頂く。

というような事です。

人々の悩み解決をする代わりにお金を頂く=お金を稼ぐといったものです。

 

これが悪い事だと思いますか?

人をだましてお金を得る事はとても悪い事ですが、上記の例の場合、良い事だと思いませんか?

 

繰り返しますが、多くの人々は自ら、お金を稼ぐことに対して、抵抗感を感じてしまうのは、お金稼ぎが悪い事であるという事です。

 

今日はこの辺で失礼致します。

 

 

お疲れ様でした。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

Pocket

ビジネスカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!