ストレスが溜まった時の対処方法とは??

ストレスが溜まった時の対処方法とは??
Pocket

こんにちは。

 

現代では問題の一つになっている、ストレスの問題。

ストレスが溜まって、体調を崩したり、うつ病になったりと色々です。他人事ではありません。

 

中には、ストレス性胃腸炎になって、会社を退職した人もいます。

因みにこれは、私の事ですが、別にふざけて言っているわけではありません。そこは誤解しないで頂きたいです。

 

そして、さらに私は周囲の環境によるストレスでの、聴覚過敏の症状が悪化してしまいました。

その症状が起きると、右耳と右側の頭の激痛がはしり、うめき声をあげる程になります。

耳鼻科と脳神経外科に行って、様々な検査を受けても、耳や脳には異常は無い。という結果が出ました。

 

それでは、この痛みの原因は何だったんだろうか。と内科医に行き、診察を受けると、ストレスが原因で起きる、神経痛だという事です。

 

では、どうすれば、そのストレスを無くす事ができるのか?についてが今回の話ですが、内容に至っては、上記の私の症状を治すという意味だけではありません。

 

ストレスはストレスですので、もしあなたが、今、何かしらのストレスを抱えているのであれば、早めに解消をしておいた方が良いでしょう。

私のように身体に影響が出る前に。

 

ストレスが溜まったときの対処方法とは

自分自身のストレスの度合いのチェックを常にする。

 

真面目な人程、ストレスが溜まっているという事に対して、我慢しがちです。そういう方はよく、うつ病になりやすいという話をよく耳にします。

 

なので、どんなに真面目な方でも、自分のストレスの度合いをチェックする事が重要です。

とは言っても、どうやって自分のストレスの度合いを測れば良いのかわかりませんよね?

 

そんな方の為に過去にストレスチェックの記事を書きましたので、下記のリンクの記事をご覧ください。

ストレス・メンタルヘルスチェック方法について

 

「ストレスが溜まっている」と言うのは、恥ずかしい事でもなんでも無い!

 

先程、真面目な方程、ストレスを溜めやすいと申し上げましたが、人にストレスが溜まっているという事を口にするのは、正直、恥ずかしい事ではありません。

 

心無い人は「皆、そうだよ」、「そんな事言ってるのはお前だけだよ」と言います。

そういう人達の話に耳を貸す必要は無いです。

 

実は私も、親にストレスが溜まっているから、たまには外に出たいと、先日、話しましたが、(現在は殆ど外出禁止※例外あり)

親からの返答は「働いてもいないのに、何がストレスだよ。ストレスが溜まっているのはこっちだよ」と怒られた事があります。

 

私の親が言うには、「ストレスは誰にでもある。弱音を吐いてるのはお前だけだ」みたいな感じでした。。

そのやりとり自体がストレスだったりするんですよね。。

 

恐らく、ストレスの原因の多くは対人関係での何らかのトラブルでしょう。

体育会系のノリみたいなものだったりと、ストレスの原因は人によりけりで様々です。

 

という事で、ストレスが溜まっている事自体を話すのは、恥ずかしい事でもなんでもありません。

 

ストレスの解消方法とは?皆は何をしてストレスを解消しているの?

 

大体、予想がつくと思いますが、多くの方は仕事後や休日などに、スポーツ等でストレスを発散しています。

スマホのオンラインゲームで遊ぶのが趣味だという人もいますし、皆、様々な趣味でストレスを発散しています。

しかし、中にはSNSで他人を攻撃するのが趣味だという陰湿な人もいるでしょう。

 

現代では、働き方改革として、昔よりも有給休暇が取りやすくなってきていますが、ストレスがある事には変わりはありません。

 

皆、仕事をして、空いた時間や有給休暇にストレス解消として趣味を楽しんでいるのですね。

 

趣味を楽しむのには、お金が必要?その場合の対処方法とは?

 

しかし、障害をお持ちの方で中々、趣味にお金を使えないという方もいらっしゃるでしょう。

障害者雇用では、賃金が少なく、生活するのに精一杯という方も少なくありません。

この章では、お金をあまりかけずに余暇を楽しむ方法をお伝えします。

 

あなたの趣味が、読書等の場合は、古本屋や図書館に行く事でお金を使わないで済みますが、この章では外出する方のストレス解消方法の話になります。

 

この章で紹介する方法を用いると、お金を節約して休日を楽しむ事ができます。

ここで必要なのは、障害者手帳です。

 

中には、障害者手帳を持つ事に対して、抵抗がある方もいるかもしれません。

が、障害者手帳を持つという事は就職活動で使う為だけではありません。

色々なサービスや支援を受けられるのです。

 

例えば、バス代が半額という事や市町区村等で運営している、スポーツ施設での料金が無料や半額になったりします。

 

映画館では障害者手帳を見せれば、半額で映画を見れますし、場所は限られていますが、各観光地等の施設の入場料金が半額や無料にになったりします。

博物館も無料で入れる場合もあります。

 

あとは、数は限られていますが、一部のレジャー施設(ROUND1や富士急ハイランド、東京タワー)等では障害者割引が使えます。

 

以下、障害者割引が使える場所のまとめページのリンクを見つけたので、載せておきます。ご参考にしてみて下さい。

 

障害者手帳で行こう!全国版

 

あなたの日頃のストレスが解消されるのを祈ります。

 

以上です。

最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

Pocket

日常生活編カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!