日常生活で疲れた際のメンタルチェック方法

日常生活で疲れた際のメンタルチェック方法
Pocket

こんにちは。

 

誰しも、社会生活を送っていると、人間関係や仕事でのストレスがたまると思います。

特に、一番、ストレスがたまるのは、人間関係ではないでしょうか?

あなた自身と価値観や性格、意見が合わない等に人と関わると、自然にストレスがたまるものです。

Advertisement

 

また、環境が新しくなる等。

例えば、転職する等です。私は最近、転職し、この記事を投稿している現在、ストレス性胃腸炎で会社を休職しています。

 

今回はその際に、自分のストレスを事前に計っておく方法とその対処方法について、ご紹介致しますね。

ストレスの度合いの計り方とチェック方法

ストレスの度合いの計り方

ストレスの度合いの計り方はまず、ご自分で、以下の情報をもとにあなたの状態を決めます。

 

1、「青信号」:ストレスが無く、仕事もプライベートも充実している状態。

   症状  :普段の日常生活が問題なく、送れている。

 

2、「黄色信号」:ストレスがかなり溜まってきているうえに、体力的にも疲れている状態

   症状   :普段の生活に難が出てくる(だるさがあり、やる気も起きない状態等)

 

3、「赤信号」:ストレスが限界まで溜まり、仕事どころではなくなってきている状態、医師や支援者に相談

        するレベル。

   症状  :ストレスで胃痛がしたり、憂鬱な気分になり、何もしたくなくなる等。 

 

私は、今回、「赤信号」までいきました。胃痛やだるさ、仕事をするのが憂鬱になり、精神科、内科の両方に行ったのです。

 

そしたら、「ストレス性胃腸炎」と診断されました。

 

上記の「青信号」、「黄色信号」、「赤信号」でのあなた自身の症状を決めるのは、簡単なようで、結構難しいものです。

 

私は自分自身の体力的な疲れ・精神的な疲れにかなり鈍感で、黄色信号と赤信号の境界線が分からない程でした。

Advertisement

 

簡単な参考としては、

「青信号=余裕。全然、頑張れる。仕事やプライベートが楽しい」

「黄色信号=ちょっと厳しい。休養が必要。ゆっくり寝たい。ダルメシアン??」

「赤信号=もう無理。これ以上は限界。仕事辞めようかな」

といったところでしょうか。

あ、黄色信号の最後は気にしないでください(笑)

 

ストレスのチェック方法

 

ストレスチェックは難しいものです。

いくら、「青信号」、「黄色信号」、「赤信号」の項目を決めても、勤勉で努力家の方はさらに頑張ってしまい、その結果、体調を完全に崩してしまいます。

 

真面目に生きる事も大切ですが、身体を労わってあげてください。

特に、このストレス社会、様々な要因で、あなたにストレス問題が降りかかります。

 

ストレスチェックでは、あなたが、これは厳しいなと思ったら、黄色信号。

もう無理だなと思ったら、赤信号です。

最後に

この画像の方のように、発狂するまでいったら、手遅れです。

身体は資本ですので、ご自身の身体や精神を大切にしてください。

 

Advertisement
Pocket

日常生活編カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!