発達障害の聴覚過敏の症状悪化の原因について(耳と頭の痛み)

発達障害の聴覚過敏の症状悪化の原因について(耳と頭の痛み)
Pocket

こんにちは。

 

私は今、発達障害の症状のひとつである、聴覚過敏での耳痛と頭痛に悩まされています。

それにより、就職活動を進めるのも、ままならない状態になってしまいました。

 

今、どのような状態か?と言いますと、就労支援施設に通っていても、周りの人の声がガヤガヤしている環境なわけで、10時〜16時までが本来の通所時間なのですが、他の人と同じように10時から通所して、1時には

右耳と右側の頭に激痛が走る状態です。

 

Advertisement

 

しかし、静かなところにいると、症状が出ないという事もあります。以前の在宅勤務求人の探し方の記事を書きましたが、「在宅業務」なら症状が出ずに働けるのではないかと思い、就職活動をしている中で一応、在宅勤務の求人も視野にいれています。

 

その原因や詳細を説明する前に「聴覚過敏」という言葉について、軽く触れておきます。

 

「聴覚過敏」とは、その症状を持たない人が日常生活上で気にならないような音や声(電車の走る音や人の多い場所での話し声等、ざわざわとした音)が響く所で、同行者の話す声が聞き取れないような症状の事です。

また、そのような状態で耳や頭に痛みが走る人もいます。これが、私の症状でもあります。

 

聴覚過敏は発達障害を持つ人に多い症状なのですが、何故、耳や頭に痛みが走るのか?について、私の体験談を元に話をすすめていこうと思います。

 

聴覚過敏の症状の悪化と原因・対策について

聴覚過敏の症状の悪化は何故、起こったのか?

実際に私の例で説明させて頂きますと、前の職場での通勤時間の長さと職場環境での問題が原因でした。

この文章だけですと、全く詳細が分からない為、以下で説明させて頂きます。

 

前の職場の通勤時間は片道2時間半で、職場環境は、比較的狭い事務所でして、

固定電話の着信音・話し声・受話器を取る音や受話器を置く音が私の席の周りで行われている。という状況でした。

 

その環境で2ヶ月間、勤務していたわけなのですが、2ヶ月目が終わる頃に、突然、耳と頭に異変がありました。それが、上記で話した、痛みなわけです。

Advertisement

元々は軽度ではありますが、私にも聴覚過敏の症状はありました。

しかし、上記の通勤でさらに悪化してしまったのです。

 

病院での検査や診断の結果はどうだったか?

もちろん、放っておくわけにもいかないので、親に相談し、「耳鼻科」・「脳神経外科」と複数の医療機関に行き、脳波の検査やMRI等の検査を受けました。その後、両方の医療機関の医師からの診断は、

 

「耳や頭には、異常はないですね」

 

との一言でした。

 

その後の聴覚過敏の症状の経過

 

そして、ビタミン剤を数週間、服用し、一時的には耳と頭の痛みは治まります。喜んで、再就職しましたが、今度は勤務先でストレス性胃腸炎になって半年で、その会社を退職してしまいます。

 

その会社を退職後、また数週間で先程と同じ、右耳と右側の頭の痛みが再発してしまいます。

今は、就労支援施設に体調を見ながら通所したり、就職活動として、自分に合った職場環境の求人を探しています。

 

このブログはその合間に書いているという状態です。

*いつも書いているわけではないんです。すみません。。

 

そして、聴覚過敏による、耳と頭の原因の発覚

 

そして、意外にも、胃腸炎の治療で通院している、内科医の先生にその事を相談してみました。

その先生は精神科の分野にも少し精通している方です。

 

そこで話を伺ったところ、「それは、ストレス性による、神経痛ですよ」と一言。

そこで、強めの痛み止めを処方してもらい、飲み始めました。

 

痛みがあったときに、服用するように。と言われておりましたが、毎日のように痛みが発生しているものなので、実は、ほぼ、毎日服用していました。

 

気分転換をして、ストレス発散してみた結果

ゴールデンウィーク中、親やグループホームのスタッフと相談し、久しぶりに外に遊びに行く事にしました。

仲の良い先輩や卓球をやっていた頃にお世話になっていたコーチに会いに行きました。

先輩とは、喫茶店に行って話したりと久しぶりに遊びました。

 

本当に久しぶりに仲の良い人と話し、笑い合いました。

その結果、その後の数日間、痛みが消えたのです。つまり症状が一時的に改善されました。

 

自分でも驚きました。

本当にストレスが原因だったという事を自覚しました。

 

自分で分析したストレスの原因とは?

実は、私は毎日のように、親から「働いてもいないのに、何がストレスだ!」、「ストレスが溜まっているのはこっちだ。早く働け!」

 

とLINEで連絡が来ていた事や親からグループホームを通して、管理されているのですが、それが、原因の一つではないかと思いました。

 

あとは、自分の将来への不安ややりたい事ができないというもどかしさ。

小遣い制という縛り。

等が原因ではないかと感じたのです。

 

 

あなたも私と同じような症状をお持ちであれば、自分のストレスに対して、分析したり、気分転換を図ってみる事をおすすめします。

 

以上です。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

Advertisement
Pocket

日常生活編カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!