発達障害者は生命保険に加入できるのか?発達障害者向けの生命保険の紹介

発達障害者は生命保険に加入できるのか?発達障害者向けの生命保険の紹介
Pocket

こんにちは。

 

あなたは、将来の事が不安ではありませんか?

将来の事、、例えば、少しシビアになりますが、お金の事。

 

特に生命保険等の保険の事です。

将来、何かあった時の為に備えが必要かと思います。

実は、私がネットで調べたところ、「発達障害等の障害を持つ方向けの生命保険」はあります。

しかし、多くの生命保険会社が持病を持つ方の生命保険の加入を嫌がります。

 

今回は多くの方が疑問を持つであろう、「発達障害等の持病」を持つ方は何故、生命保険に入れないのか?という事と、「発達障害等の障害を持つ方向けの生命保険」の詳細について解説していきます。

 

Advertisement

発達障害者は生命保険に加入できるのか?

基本的に多くの保険会社は持病を持つ方は生命保険に加入できない。

rawpixel / Pixabay

まず、発達障害等の持病を持つ方は調べていらっしゃるかもしれませんが、持病・障害を持つ方の多くは、生命保険に入るのが困難です。

 

理由は以下です。

 

生命保険に加入する際、加入書と告知書を保険会社に提出し、保険会社はその受け取った情報を元に契約可能かの審査を行います。

 

その審査基準は保険会社によって異なっており、その基準は非公開となっている為、加入をお断りされても明確な理由を教えてもらえません。

 

何故なら、保険というのは、相互扶助の仕組みで成り立っています。分かりやすく言えば、「加入している人同士でお金を出して助け合っている」という状態です。

 

一人一人、支払う保険料の金額は少ないですが、上記の説明の通り、「保険に加入している人同士でお金を出し合って、助け合いましょう」という事です。

この事によって、万が一の時は加入者が集めたお金で備えられるのです。

 

保険会社は、その中で、契約されている方のリスク(病気や怪我での入院等の際にかかるお金)を同じレベルに保たなくてはいけません。

 

保険の加入者みんなで、万が一の時に備えるという仕組みであれば、1人1人のリスクが同じでなければ、不公平になってしまい、そのリスク(加入者から集めたお金の支払い)のレベルが保てなくなってしまいます。

 

そこで、最初にお話した、「告知書」という言葉を覚えておりますでしょうか?

保険会社に告知義務として、「告知書」を提出しなければならないのですが、「保険金の支払いのリスクが高い」と判断した場合に、保険の加入を断ったりする事があるのです。

 

その為、発達障害・てんかん等の精神障害、知的障害等の持病を持つ方は一般的に生命保険に入りづらいと言われています。

 

では、発達障害・精神障害を持つ方は生命保険に入れないのか?

ijmaki / Pixabay

前章では「障害や持病を持つ方は生命保険に加入するのが難しい」と記載しました。

では、本当に障害者は生命保険に加入できないのでしょうか??

 

答えはNOです。

 

発達障害・精神障害・ダウン症・てんかん等を持った方向けの、、というか、、障害者専門の生命保険会社があるのです。

 

その保険会社の名前は 「ぜんち共済株式会社」です。⇐(緑の部分はホームページのリンク)

(以下の画像をご覧ください。

 

ぜんち共済株式会社のホームページの画像です。

 

https://www.z-kyosai.com/
ぜんち共済株式会社のホームページ

 

なかなか、障害者向けの保険会社は無いと思います。

もし、あなたが生命保険に加入をしたいとお考えであれば、こちらをおすすめ致します。

さらに、下にスクロールして見ると、、下記の画像の通りです。

 

 

上記のページから、知的障害・精神障害(てんかん等)・発達障害専門の生命保険会社と言えますね。

 

結論

というわけで、結論は、発達障害・知的障害・精神障害を持った方向けの生命保険会社はある。

という事でした。

 

気になったら、あなたも ぜんち共済株式会社のページをご覧になってみてください。

 

以上です。

最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

 

Pocket

発達障害者に適した生き方カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!