発達障害者の悩みの為のライフハックとは何か?全ての悩みを解決させる、1つの方法

発達障害者の悩みの為のライフハックとは何か?全ての悩みを解決させる、1つの方法
Pocket

こんにちは。

 

この世の中、生きづらい・・。

と思う方は非常に多いです。

特に、差別されやすい発達障害者や精神障害者。

 

「私達は頑張っているのに、何で差別されなければいけないんだろう?」と思った事があるという人は多いはず。

今回は、そんな悩みを持った方に対しての悩みを明確する事かつ、その悩みを解決に導く方法をお伝えします。

Advertisement

発達障害者は何故、現代で生きづらいと感じるのか?解決法も解説

発達障害者の特有の悩み(対人関係と仕事)

障害を持たない方でも、誰だって悩みはありますが、ハンデ(障害)を持った方はもっと、悩みは大きいんです。

特に、「発達障害・精神障害」を持った方は、障害を持たないという普通の人から見ると、障害があるようには見えないのです。

 

何故なら、障害を持たない人から見ると、我々(発達障害・精神障害者)は、ちょっと変わった人。と見られ、

「こいつ、何か、変だぞ?」等と思われ、差別されます。

 

ただでさえ、障害を持たない方でも、会社でサービス残業や変な上司・同僚や先輩でいる中で苦労しています。

 

発達障害・精神障害を持つ方は、先程、申し上げたとおり、「ちょっと変わった人」と見られる上に、自身の障害の症状で日々、悩まされています。しかも、体力的・精神的にも疲れやすく、消耗しやすいです。

それは、あなたもわかっている事でしょう。

 

発達障害者の人口は増加傾向にあります。という事は悩みを抱えている人が増加し続けているという事。

発達障害を持ちながら、会社で勤務している方は、疲れや、悩みの度合いが半端なく、大きいです。その悩みや疲れの原因とは、「対人関係」が多くを占めています。

 

会社での仕事の多くは、チームワークで集団で仕事を進めていきます。

そんな中、対人関係を築いたり、同時進行が苦手だという、発達障害者はスキルがあっても仕事が上手くいかず、メンタル的な不調で適応障害になったり、体調を崩してしまい、会社を辞めていく人が殆どです。

 

つまり、発達障害者の悩みとは、対人関係の悩みと、仕事が続かなくなってお金に困るという事だと、私は認識しています。

 

結論:対人関係と仕事(お金に関する悩み)を解決させる方法とは?

その悩みを解決させる方法は、前に書いた記事(障害者雇用枠での就職活動)に関する事に囚われません。

生活する為の手段として、障害者雇用での就職をして、対人関係に疲れてしまい、2次障害を起こしてしまうのは、危険です。

 

しかも、障害者雇用での賃金は低い上に会社での障害の差別をする人が多いです。

実際に私自身もどこの会社かは言いませんが、「ダイバーシティ」を掲げている企業で障害の差別をされて、会社を半年で辞めています。

 

私が仕事中に疲れて、机にうつ伏せになっている状態の時、社会福祉士の資格を持った上司に、後ろから私が座っている椅子を蹴られたのですよ。

もう、ここで働くのは無理だな。。と思い、会社を退職したわけです。

 

・「給料が低くて、生活ができない」

・「障害者雇用なはずなのに、障害の差別をされる」

・「障害の配慮をされない」

 

こんな場所でお金を稼ぐというメリットは、あなたには、ありますか??

 

そこで、あなたの「対人関係」・「お金の悩み」を解決させる手段があったら、知りたいですか??

多くの方は知りたいと思いますので、こちらでお答えしますね。

 

それは、「自分でお金を稼ぐ」という、スキルを身につけるという事です。

特にWebでのライティングの仕事をしつつ、ブログ等のメディアで稼いでいく事をおすすめします。

 

私自身が提供する情報は準備中ですが、まずは、下記のサイトでライティングのスキルを身につけつつ、お金を稼いでいく事をおすすめします。

 

発達障害者・発達障害グレーゾーンの方の為の在宅副業のお知らせ

 

・現在の社会で生きづらいと考えている方

・発達障害者・発達障害グレーゾーンの方

 

におすすめできます。

全ての生きづらい世の中を生きる人の為の在宅仕事紹介のページはこちら

 

 

Pocket

発達障害者に適した生き方カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!