障害者枠で入社した企業での業務の進め方②※事務職

障害者枠で入社した企業での業務の進め方②※事務職
Pocket

こんにちは。

 

前回では、新卒で入社した企業での1年目の出来事をお話ししましたね。

社会人1年目の出来事

 

今回は2年目の出来事のご紹介です。

今回の記事では社会人2年目に行った業務や仕事の進め方や注意点のお話です。

Advertisement

1社目の会社で行った、仕事の進め方についての注意点

業務内容と業務の進め方の注意点

 

 

2年目からの業務内容は1年目からのものと少し変わってきます。

1年目で学んでいたExcelの勉強をさらに深め、VBAでコードを書きまくり、書類フォーマットや、業務用ファイルを作成し、VBAで自動化させていきました。

それに加え、研修関連の業務も少しずつ、任せて頂けました。

 

 

では、業務の進め方では、私は業務でも、プライベートでブログを書いていても、過集中になりやすく、昼休憩の他に2回の休憩を頂いていました。

 

その休憩時はコーヒーを飲んだり、おやつを食べたりと、リフレッシュしていました。糖分を取り、疲れを癒した後に業務に移ります。

 

おやつとかの問題はどうでもいいのですが、過集中になりやすい方は時間や業務の区切りをつけて、こまめに休憩を取る事をお勧めします。

ぶっ続けで仕事をして、体調不良になり、次の日に会社を休む事は避けた方が良いでしょう。

 

上司や先輩社員の方に業務内容等の指示を頂いた際は、メモを取る事よりも、先に内容を聞く事を重視した方が良いでしょう。

 

それから、メモを取り、分からなかったら、確認をする。といったやり方です。

もし、可能であれば、「業務内容を聞く」→「メモを取り、わからなかった所を確認」だけでなく、→「PCでWordを使い、自分だけの業務マニュアルを作成する」事をしましょう。

 

障害者雇用で上司や先輩社員の方に配慮を受ける事が可能であれば、業務内容の説明をしながら、メモをとる時間と内容を確認する時間を頂けると良いでしょう。

 

↑これ、かなり重要です。

 

あとは、休日中での仕事のストレス解消等も大切です。長く、一つの会社で勤めるには、心のケアも重要な点なのです。

 

休日は仕事に影響しない程度に、好きな事をしましょう。

当時、私は趣味の卓球に打ち込んでいました。

 

これからの投稿内容

残念ながら、私の社会人になってからのキャリアは全て事務職です。

他は、学生時代にやったアルバイト。

仕事での体験談は上記しか、お伝えする事ができません。

 

しかし、就労移行支援事業所に通っていたり、転職経験があるので、就職・転職をする為のノウハウをお伝えする事ができます。

 

就労移行支援事業所で学んだ事もお伝えしていきます。

Advertisement

また、私はExcelが得意で前職で、上司からExcelを使った業務で良い評価を頂いた経験がありますので、Excelでの業務効率化の方法も紹介していこうかと考えています。

 

内容的には、中級レベルのマクロ・VBA関連です。会社でVBAを使えると、良い評価を頂ける事があります。

ただし、Excelの記事は少し先になります。

 

最初は、

①就労移行支援事業所で学んだこと。

②就職・転職ノウハウ

③Excel関数・Excel VBA関連の記事を書いていきます。

④日々の仕事での気づきや良い仕事の方法等

 

※④、私も会社員ですので、日々の仕事での気づきがあったら、その都度、記載していくつもりでございます。

 

 

Advertisement
Pocket

仕事編カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!