発達障害者の集団行動の問題と仕事の選択肢(ネット副業)

発達障害者の集団行動の問題と仕事の選択肢(ネット副業)
Pocket

こんにちは。

 

発達障害をお持ちの方、すべてとは言い切れませんが、おそらく「集団行動・団体行動が苦手」という方が多いのではないでしょうか。

集団行動・団体行動をするのにあたり、発達障害の症状・特徴では多くの弊害があります。

Advertisement

ここでは、個人差はもちろんあるのですが、広汎性発達障害当事者の私からその弊害について、経験を交えて話しをさせて頂きます。

発達障害者が集団行動が苦手な理由

周りの人と行動を合わせるというストレス

私の経験からですと、健常者の方々との集団行動では、後述のコミュニケーションの苦手さの問題もあり、自分から意見を言えない。または、意見を言っても「理解してくれない」という事があります。

 

集団行動な故、なにかしらの組織である場合が多いので、そこで失礼ですが、場違いな主張・意見であったり、うまく理由や話すタイミングを間違えたりすると、周囲から変な目で見られる事が多いです。

 

もちろん、上記のように発達障害に対する偏見もあるのですが、自分自身以外の人は意見や考えが一貫している時というのに注目です。

 

団体行動である故、周囲の方の目的等が一致している時に自分自身のこだわりを持っていく事が他の人にとっては、良い目で見られないのです。

 

健常者の団体行動で周囲の方にとって、一人、勝手な発言をしたり行動をとっても、「あの人が○○と言っているから、その意見も取り入れてみようね」という空気にはなりづらいです。

 

何故なら、前述の通り、周囲の方の目的や決めた事が一致しているから、今更、決めた事を変更するのは嫌だなと思う人は多いです。

 

大多数の人対個人です。

なので、そんな中で意見等があっても、しぶしぶ周囲の人に合わせなければならないので、そのストレスが生じてしまい、嫌な思いをします。

 

いわば、協調性の問題ですが、周りに合わせるのが私は苦手です。

 

職場は特例子会社で障害の配慮は良いですが、、

プライベートだとストレスが溜まりまくります。

 

そのストレスは一人一人違うと思いますが。。

集団行動による、音や声の問題

集団行動となると、状況や場所により、様々な声や音がするでしょう。

 

外出するにしろ、職場で働くにしろ、大きな声や音がする場合があります。

 

ここで、「聴覚過敏」のある方は、すぐに体調が悪くなってしまいます。

 

実は私も例外ではなく、聴覚過敏があります。ものすごい酷いわけではありませんが。

 

仕事の選択肢

仕事は在宅ワークという手もある。

仕事に関しては、中には外出せずに、在宅で働く事を選んでいる人もいるようです。

 

どちらにしろ、会社で働くと、どうしても発達障害者が苦手なコミュニケーションの問題や臨機応変な対応というものから逃れられません。

 

だったら、自宅や静かな喫茶店で働くほうが良いという人が多いと思います。

 

世の中には、企業や個人が仕事を外注するケースがあり、それを納期内でやれば、お金を稼げます。

 

例えば、下記のサイトの仕事の種類では、

 

デザインであったり、プログラミング、パソコンでの記事作成等様々なものがあります。イラストを描く等も。

 

また、それだけではなく、自分の得意な事をお金に変える事ができますので、やりがいもあるのではないでしょうか。

 

また、それが誰かの役に立てたら、あなたも嬉しいと思うでしょう。

 

誰しも、自分の好きな事を仕事にしたいと思うのが普通です。

 

やりたくない仕事をしていても辛いと思います。

 

給料をもらえるから、割り切るか?

 

好きな仕事や夢を追いかけて、少しでもお金を稼ぐ力を身につけていくか?

 

あなたなら、どちらを選びますか?

Advertisement

私の場合は、就職活動をしながら好きな仕事や夢を追いかける方向に進んでいます。

 

現代はインターネットが大変、発達しており、例えば、SNSやWeb上で自分が撮った写真を売ったり、Amazonで自分が書いたものを電子書籍化して売る人、ブログを使って広告収入を得る人等が増えてきています。

 

政府も副業の解禁を認めており、少しずつではありますが、社員の副業を認めている企業も増えてきています。

しかし、会社での仕事と副業をやると、本業の方に影響は出ないか?と不安に思うかと思います。

その場合、週末の土曜日だけに主な作業をする等をして、うまく時間を使う事をおすすめします。

 

 

障害者雇用では給与は低いです。月に10万円いくか、いかない位。

本来なら、実家を出て、一人暮らしをする位の金額は欲しいものですが、現状での大体の給与の額は上記の通りです。

 

 

将来、親が亡くなった後、生活するのに不安ではありませんか?

まだ親が元気なうちから、将来の人生設計を立てないと危ないですよ。

 

では、具体的に何をすれば良いかというと、以下の例があげられます。

 

・あなたの得意分野や趣味をテーマにした、Webページを作成して広告収入を得る。

・あなたが書いた小説や文書をAmazon Kindleで販売する。

・あなたが撮った写真や書いたイラストをイラストサイト等で販売する。

・・・等です。上記3点を組み合わせても、面白いと思います。

 

今後、個人でそのような活動をしていきたいという方や人付き合いが嫌いという方で自分の生活スタイルを変えたいという方の為に、下記で土台となる、Webサイトの作成方法についてのレポートを用意しましたので、参考になれば幸いです。

 

 

デメリットとしては、無料でできるものでは無く、少額ですが資金が必要です。

また、継続し続ける事と問題解決力と常にやり方を考えなければ収益をあげるのが難しいという事です。

殆どの人は諦めてしまいます。

 

「インターネットを使ったビジネスを小遣い稼ぎのつもりで」という人はすぐに辞めていきます。

人からお金を頂くのには、そんなに甘い事ではありません。

ただ、少しずつでも正しい方向に続けていった人には諦めていった人よりも明るい未来があります。

 

最初は誰でも結果は出ません。皆、初心者からのスタートです。

その結果が出ないうちに、どう乗り越えるかが課題です。

 

私もインターネットを使ったビジネスを数年前から勉強していて、結果が出てきたのはつい、最近ですから。。

試行錯誤しながら進めて行けば、やりがいも生まれるでしょう。

 

ちなみに私が現在行っているのは、Webサイトに広告を貼って、広告収入を得るという事だけです。

上記の電子書籍等の話はただ単に、私のアイデアや他の方が取り入れている手法です。

色々とやり方はネットに記載されていますので、調べてみて下さい。

 

とりあえず、先程、申し上げた通り、Webサイト(WordPressブログ)の立ち上げ方のレポートを添付しておきます。

 

もし、あなたにとって、やりたい事のプランができあがったらレポートの内容を実践してみて下さい。

 

wordpressinstallxserver

Advertisement
Pocket

仕事編カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!